EDIM17

Yukio Ohya

PROFILE

大屋友紀雄

Yukio Ohya

株式会社ネイキッド 執行役員/プロデューサー

1997年に株式会社ネイキッドの設立に参画し、コンテンツプロデュース/クリエイティブ・ディレクション/コミュニケーションデザイン/プランニングを中心に活動。代表的なものとして、auスマートパスpresents 進撃の巨人プロジェクションマッピング『Attack on the real』、ニコニコ超会議2015 NTTブース『NTT 超未来研究所Z』総合プロデュース、山下達郎『クリスマス・イブ』20周年プロジェクト、市川染五郎主演の歌舞伎ラスベガス公演”Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle'KABUKI LIONʼ ”空間創造 など。
PROGRAM

体験としてのアート/ICT/教育、そしてその手触り

17:00-17:40

ここ数年、技術の発達に伴ない、私たちを取り巻くメディア環境が再び大きな変化を迎えています。マーシャル・マクルーハンによる「グーテンベルクの銀河系」から久しい時間が経過し、私たちはメディア環境の変化によってもたらされる、新しい身体性や情報空間のなかで生活するようになりました。私の所属するNAKEDはクリエイティブチームですが、様々な領域で横断的に活動をしています。私たちの活動/作品もまた、こうした変化に大きな影響を受けざるを得ません。そこで本セッションでは、私たちの近年の活動事例を紹介しながら、アート/教育/技術といった諸要素におけるメディア環境や身体性の変化との関連を、創作者としての立場からお話させていただければと思っています。併せて、今後どのようなコミュニケーション空間や認識空間が生成されていくのか、さらには都市や文化がどのように変容していくかの展望についても、論点整理をしていければと考えています。

THINK

Read more

PROGRAMS

Read more

GUESTS

Read more

ACCESS

Read more
©️ 2017 AIM.